img_5077.jpg 2020/02/09 公益社団法人大分県放射線技師会創立70周年記念祝賀会 bind_free093.jpg

講習会等の新型コロナウイルス(COVID-19)への対応について

公益社団法人日本診療放射線技師会主催の講習会・セミナーならびに
公益社団法人大分県放射線技師会主催および共催の研究会等について
  
 公益社団法人日本診療放射線技師会からの新型コロナウイルス感染対策 会場型講習会開催ガイドラインを遵守し、イベントの開催について検討を行っております。
 感染拡大の防止という観点から、感染の広がり、会場の状況等を踏まえ、Web開催も視野に検討を進めております。
 


第36回 日本診療放射線技師会学術大会

 第36回日本診療放射線技師学術大会は、2020年10月23日(金)~25日(日)の3日間、宮城県仙台市の仙台国際センターでの開催を予定していました。
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を踏まえ、開催及び開催方法につきまして検討を進めてまいりましたが、未だ感染終息の目途が立たない状況を受け、(公社)日本診療放射線技師会理事会において審議を行った結果、今回の学術大会を2021年1月8日(金)~31日(日)の日程で、規模を縮小し全てWeb形式で開催することに決定いたしました。
 開催内容は、会長講演(動画)、教育講演(動画)、JART企画(動画)、ベーシックセミナー(動画)、一般演題(静止画)、企業展示(動画)を予定しております(動画は、ライブではなくオンデマンド配信)。

 本大会はメインテーマとして「国民と共にチーム医療を推進しよう」を挙げ、サブテーマを「人と技術をつなぐ令和の未来へ」といたしました。年号が「平成」から「令和」へと変わり、「アナログからデジタルに」「装置機能の多様化」等、我々を取り巻く環境も大きく変化する中、過去の技術を見つめ直して継承し、そこへ新しい技術を融合させていくための基礎を見つめ直すことを考えて企画されていただきました。
 
期 日:2021年1月8日(金)~31日(日)
会 場:Web開催
主 催:公益社団法人 日本診療放射線技師会
共 催:公益社団法人 埼玉県診療放射線技師会
 
会 員:1,000円
非会員:2,000円
学 生:500円
 
 
詳細は、下記のバナーをクリックしてください
      

(公社)大分県放射線技師会 事務所移転のお知らせ

 当会事務所の業務委託を行っております株式会社マイダスコミュニケーション様の社屋移転に伴い、当会事務所の移転をいたしました。
 
 <新住所>
  〒870-0023
   大分県大分市長浜2 丁目7-22
   株式会社マイダスコミュニケーション内
  
  
 移転に伴う電話番号の変更はございません。
 
 ご了承いただきますよう、よろしくお願いいたします。
 

厚生労働省「緊急医療人材等確保促進プラン」の運用開始

新型コロナウイルス感染症に対応する医療人材等の緊急的な確保を促進する取組として、厚生労働省「緊急医療人材等確保促進プラン」の運用が開始され、診療放射線技師募集情報が厚生労働省より公表されました。

 この情報は厚生労働省が開設するWebサイト「医療のお仕事Key-Net」で広く広報されておりますので、個別の情報につきましては次のリンク先をご確認頂きましたうえで、このリンク先について皆さま方に広く周知広報させていただきます。
(「医療のお仕事Key-Net」
 リンク先:https://healthcare.job-support-mhlw.jp/jobfind-pc/area/All?jobtype=00011)
 

放射線診療従事者等の眼の水晶体に受ける等価線量に係る限度等の改正

 放射線診療従事者等の眼の水晶体に受ける等価線量に係る限度等を改めることとし、『医療法施行規則の一部を改正する省令』及び『臨床検査技師等に関する法律施行規則第十二条第一項第五号に規定する検体検査用放射性同位元素を備える衛生検査所の構造設備等の基準』及び『放射線診療従事者等が被ばくする線量の測定方法並びに実効線量及び等価線量の算定方法の一部を改正する告示』、について、令和2年4月1日に公布・告示され、令和3年4月1日から施行・適用されることとなりましたのでお知らせいたします。
 

診療用放射線に係る安全管理体制等についての医療法施行規則の改正について

 厚生労働省より2019年3月11日に医療法施行規則の一部を改正する省令が公布され、2020年4月1日に施行されます。これにより、エックス線装置などを備える全ての病院・診療所は「医療放射線安全管理責任者」の配置、医療放射線の安全管理のための指針策定、医療放射線に係る安全管理のための職員研修の実施、規定装置の医療被ばくの線量管理・線量記録等を行うことが義務化されます。
 関係資料をダウンロードできますので、ご活用ください。
 特設ページを作成しておりますので、そちらからご利用ください。

画像診断報告書等の確認不足に対する医療安全対策の取組について

 厚生労働省より医療機関における画像診断報告書等の確認不足を防止するため、これまで、「画像診断報告書等の確認不足に関する医療安全対策について」(平成29年11月10日付 医政局総務課医療安全推進室事務連絡)及び「画像診断報告書等の確認不足に関する医療安全対策について(再周知のお願い)」(平成30年6月14日付 医政局総務課医療安全推進室事務連絡)により注意喚起を図ってきたところです。しかし、その後も公益財団法人日本医療機能評価機構が実施する医療事故情報収集等事業において同種の事案報告が続いており、一般社団法人日本医療安全調査機構においても平成31年4月に医療事故の再発防止に向けた提言第8号「救急医療における画像診断に係る死亡事例の分析」が公表されました。
 こうした状況を踏まえ、今般、平成30年度厚生労働科学研究費補助金による「医療安全に資する病院情報システムの機能を普及させるための施策に関する研究」において取りまとめられた研究報告書(別添より、今後画像診断報告書に記載された重要所見の見逃しを防止するために留意して頂きたい組織的な対応について下記のとおり整理しました。なお、こ組織的な対応については日本学術会議臨床医学委員会放射線・臨床検査分科会から令和元年月に公表された「CT検査による画像診断情報の活用に向けた提言」(別添2)においても言及されております。また、医療機関において工夫されている取組についても、あわせて情報提供いたします。

ガドリニウム造影剤の「使用上の注意」の改訂の周知について

標記の通り、大分県福祉保健部薬務室長より周知の依頼がありました。各施設で使用のガドリニウム造影剤について、再度、確認いただき、使用の際は、添付文書に沿ってご使用ください。
 

スマートフォン用健康アプリ「おおいた歩得」

県では、楽しみながら健康づくりに取り組めるよう健康アプリ「おおいた歩得」を開発しました。
「おおいた歩得」の特長!
歩数や消費カロリーを計測する機能
 歩数や血圧など、個人の健康データの変化をグラフにして見える化できます
特定のミッションクリアでポイントやお得な商品が貰えるチャンス!
一定のポイントが貯まれば、協力店で特典が受けられます
 
詳細は、下記のバナーをクリックしてください
      

(公社)大分県放射線技師会公式ホームページへようこそ!!

平成28年度5月サーバ更新により、公益社団法人 大分県放射線技師会の公式ホームページを更新いたしました。画面構成は、閲覧環境の多様化に対応した「レスポンシブデザイン(注)」としました。パソコン画面の大きさのみでなく、タブレット端末やスマートフォンにも対応した設計にしてみました。学術関連や地域活動など、会員に特化した記事だけでなく、市民の皆さまにも活用いただけるホームページを目指して企画運営してまいります。お気付きの点などございましたら「お問い合わせ」のページからご意見下さいますようお願い申し上げます。

(公社)大分県放射線技師会 ホームページ委員会
(注)レスポンシブデザイン:Webデザインの手法の一つで、様々な種類の機器や画面サイズに単一のファイルで対応すること。